BLOG

私の初めてのふじてん

2021.10.22

こんにちは。YAMABUSHI TRAIL TOURガイドの平馬です。

前回の『ふじてん』の記事を読んでいただきましてありがとうございました。

たくさんの反響があり、特にマウンテンバイカーではない方から「面白かった」と言っていただいたのが嬉しかったです。

というわけで調子にのって、私が初めてふじてんに行った時のことを書いていこうかと思います。

前回の記事がならこちらは

陰と陽、合わさりて補完となりますのでぜひ合わせてお読みくださいませ。

私がマウンテンバイクに乗り始めて早7年。

ガイドとして1人でお客様を案内するようになってから6年が経ちました。

私は生粋のインドア派で、現在でも休日ともなれば家から一歩も出たくない、もっと言えば机の前から動きたくない、そんな33歳、蟹座のA型男性です。よろしくお願いします。

私はよく無性にムカつくと言われますがなんでなんでしょう。

シャチョー松本潤一郎に誘われ初めてふじてんを訪れたのが2014年9月のこと。

久しぶりの県外への遠出ということで妙にテンションが高かったのを覚えています。

ぬるく湿っぽさが残る伊豆から北上し、空気が冷たく乾燥してきた頃、山梨県は鳴沢村にあるふじてんに到着しました。

駐車場に着くと、そこかしこでイカツイ自前の自転車をいじくる、これまたイカツイ装備のライダー達がたくさんいました。

修学旅行で田舎から初めて東京に出て、膝まで届くほどの特大パチモンバスケユニフォームを買わされる直前の中学生のようにドギマギしている自分が恥ずかしく、

精一杯『やってる感』を出してみましたが、車載の際にバラした自転車の後輪もろくに組み付けることの出来ない私は、他の誰からみても一番『ド素人』でした。

受付を済ませてゲレンデを見ると、リフトに行列を作るたくさんのライダー。

中にはパジャマのまま走っている人もいたりして、いくら好きでも着替えくらい済ませてくればいいのにと少し引きました。

後から分かりましたが、あれはパジャマではなくレースジャージというちゃんとした装備でした。すいません。

これ何分丈なんだろ、パジャマっぽいですよね。

リフトの列に並ぶと右も左も後ろも前も自転車ばかり。

人々は皆パジャ、レースジャージに身を包み、四肢と胸部には鎧のようなプロテクター、頭部はこれまた甲冑のようなヘルメットと、全ての感情を遮断するようなゴーグルを身につけていました。

そんな彼らのゴーグルに時折移る私はの姿は、不安を拭いきれない虚な表情、上着はシャチョーのお古、下はユニクロのジーンズ、靴は今日捨ててもいいバンズ、そして相対的にみたらほぼ裸同然にノープロテクターでした。

乗り込む順番になり自転車をスタッフに渡そうとすると、「まだ入らないで!」と注意され、リフトを待っていたつもりが「赤い線まで下がって」はい、早く乗って」と注意されました。ものの1分で3回も注意を受けるなんぞ素人の極みです。

初めてなんだからわかんねーよ!と拗ねていましたが、しっかりJapanの言語で案内が書かれていたのでただの自業自得でした。その節はすいませんでした。

リフトを降りてからも自分のバイクを受け取り忘れて注意されました。何しに来たんだホントに。

そしてシャチョーと同名のTさんの先導でコースに向かい、初めてのライドが始まりました。

あれほど周りが見ていなかった私の目にも、コース入り口に描かれたドクロマークはしっかりと飛び込んできました。

『DANGER/上級者ONLY』

その文言を脳みそが理解する前にコースに入ってしまっていました。

きっと何かの見間違いだ、だってほとんど平らじゃないか。確かにちょっと根っこがあるけど走れる走れる。

すると突然、崖のような急斜面(に見えただけ)が現れ、路面は岩がむき出しになっていました。

いやいやいや無理無理無理、こんなとこ無理無理無理

そうか前の人と同じように走ればいいんだ!

そう思って前を見ても、もう誰もいませんでした。

代わりに木道(ラダー)が目に入りました。

なんだちゃんとした道があるじゃん、これなら余裕っすわ、そりゃそうだよこんな崖(に見えているだけ)は誰も走れねーだろ、と木道に踏み入れました。

するとものの1mで道はスパッと無くなっていました。

なす術なく前輪が宙に飛び出し、直後にこれはもう自転車も体も壊れただろう、というほどのものすごい衝撃を感じました。

作るなら最後まで作ってくれよと、見当違いの文句が頭を巡っていることに気付くと同時に、何故が自転車も体も無事で走り続けていることにも気づきました。

作りかけの道に入ってしまい無事だったなんてまるで映画じゃん!こんなことは『ふじてん史上初』なんじゃないかとさえ思いました。

命をかけた偉業を成し遂げ、凱旋の如くシャチョー達に合流。

いかに大変なことが起こったかを鼻息荒く話す私を「へぇー」と一蹴してさっさと走り出していきました。

後から分かりましたがあれは『ドロップオフ』というものでした。

スキルがあればこんなにかっこよく飛べます。

そして木道の両脇にあったあの赤い旗は『安全な道はこっちだよ』ではなく『ここは危ないよ』という意味でした。わかんねーよ‥。

その後もよちよちライドの私をシャチョー達が待つ、ボロボロの私到着、笑われる、また置いてかれるという状態が続き、2本目で早々に離脱。

したかったのですが「とりあえずもう一本は行こう」の一言で気づけばリフトに乗っていました。

後悔先に立たず。『とりあえず』で上がってはいけません。

すでに握力は無くなりかけてなんだかボーッとしていて、この時すでに『オーバードーズ』気味に自分の限界を超えていました。

これが終わったら休める、それだけを支えに下り始めると今までと何かが違います。

それまで振り落とされないようにハンドルを握っていた手に力が入らず、

回らない頭では恐怖を感じることも、路面の岩や木の根を確認する余裕もありませんでした。

満身創痍とも思える状態の中、パンク状態になった脳みそは情報の処理をやめ、視線は前方に固定されました。

握りしめることが出来ない手はハンドルに置いておくだけで精一杯、空気椅子のように固定された膝にも力が入りませんでした。

するとどうでしょう。路面の起伏や岩に弾かれるバイクの動きを俯瞰的に感じることが出来ました。

前を向いていること次に来る衝撃が予想できるようになり、毎回飛び出しそうになっていたコーナーに対しても気持ちの準備ができるようになりました。

そしてシャチョー達に合流する時、最後のライダーがたったいま止まり、自転車から降りる姿が見えました。

自分でも何が起きたのかよく分からず呆然としていると、「(追いつくのが)早くなったな」と、

先程のドロップオフの時とは違う反応がありました。

何が起こったのか、その答えが知りたくてそのまま続けてリフトに乗り込みました。

さっきと同じコース、それまで路面ばかり見て茶一色だったコースが全く違って見えました。

今度はロックしていた後輪が滑るのが分かりました。

回数を重ねるごとにシャチョー達の待機時間が減り、『乗れてる』感覚が沸々と湧いてきました。一度沸いてしまえばすぐには冷めず、脳は『楽しい』に支配されていました。


とっくに限界を迎えていた脳を騙しながら走り続け、禁断のジャンプレーンに足を踏み入れてしまいました。

一度目は勢い任せに突っ込み、前輪がフワッと浮いた感覚を味わいました。

快楽にも似たあの浮遊感をもう一度味わいたくて更に高いジャンプレーンに挑戦。

1回目よりも浮いた。ジャンプって意外と簡単じゃん!

3回目は力任せにハンドルを引き抜くように持ち上げました。とにかく前輪を『上げる』事ばかり考えていた結果空中で姿勢が崩れ、転倒こそしなかったもののペダルから足を踏み外して脛を削りました。

そこで我に帰り、その日のライドを終えました。

帰りの道中、オーバードーズでオーバーヒート状態の脳が冷め始めてゆっくりとその日の出来事を振り返り始めました。

よく怪我しなかったなという場面の連続で、結果的に運が良かったの一言に尽きる1日でした。

しかしその後もオーバードーズは止められず、もとい止めさせてもらえず繰り返すことになるのですが、やはり自分1人では心のブレーキが働き過ぎて限界を越えられず、いつまで経っても同じ所を堂々巡り、成長は見込めませんでした。

ホント心のブレーキXTRとはよく言ったものです。

オーバードーズを伴うライドは、到底万人にオススメできるものではありません。

しかし、引きこもりで体力もなく、マウンテンバイクに全く興味が無かった私がこうしてガイドとして皆さんと楽しい時間を過ごすことが出来たのも、これまたオーバードーズの賜物なわけです。

以上が私の初めてのふじてんでのライドでした。

この日の経験を活かし、ビギナーがいかに安全にマウンテンバイクを楽しめるかを綴ったのがこちらになります。↓

少しでも皆様のマウンテンバイクが豊かになりますよう祈りを込めて。

いつか一緒に走りましょう。アディオス。

Translate »