MGMグループ×YAMABUSHI TRAIL TOUR 社員研修と”トレイルデビュー”ツアー

今回は、日頃よりお世話になっております『MGMグループ』様と行った二つのイベントについてです。

 

まず一つ目は、11月9日に行われた社員研修でございます。

風魔・GROVE各店舗様と、マウンテンバイクのサポートをしていただいているAKI corporation様から総勢12名の方が西伊豆にいらっしゃいました。

ガンガン使ってください!とのリクエストをいただいておりましたので、さっそく山に入っていきます。

15127527_576460575871072_996656177_o
道中、このトレイルの成り立ちや歴史の説明をまじえながら長い隊列は奥へ奥へと進んでいきます。

徒歩ですと、マウンテンバイクで走っていると一瞬で通り過ぎてしまうトレイル上の小さな侵食や崩落の跡をしっかり確認できます。

そしてそれらがもたらすもっと大きな侵食や崩落の実例を見ていただきながら、その解決策をご説明しました。

 

参加された皆様には終始真剣に耳を傾けていただき、時折うんうんと頷く様子も見受けられトレイルへの思慮を深めていただきました。

そして実践へ。

img_7265

場所は、ツアーに参加された方にはお馴染み?の通称『グランドキャニオン』

ここは西伊豆のトレイルの中で最も深いソリ道で、その分侵食の度合いも多く、整備のやり甲斐も最高レベルです。

img_7266

最初の整備箇所。

 

写真右側の足元に枝や石がたくさん見えると思いますが、そこが水の通り道です。

左右の壁が高く水の逃げ場が一切ないため、この通り道は残しつつ一段上を広げていきます。

15102118_576460565871073_1103727251_o

上から見た写真。

道具の役割の説明も入れながら作業を行い、どうしたら安全に楽しく走れるかを考えながら道を広げていきます。

 

総勢12名ということもあり、どんどんトレイルが綺麗になっていきました。

そして整備は終了し山を降りてランチタイムへ。

img_7270

もちろん美味しい魚をいただきます!

研修といえど、いや研修だからこそここは外せません!

場所は、普段ツアーでも利用する『民芸茶房』様。

 

満腹感と程よい疲労でお昼寝でもしたい気分ですが、午後からのお楽しみトレイルライドが待ってます。

今回は、AKI corporation様にご用意していただいた『KONA』の最新モデルがズラリ。

 

15145191_576458569204606_517973695_o

オールKONAなので積み込み時の相性もバッチリです。

15133738_576458655871264_126669687_o

このたくさんの最新バイクを一目見ようと組合長(猫)も見学にいらしていました。

img_7274

スタート前の一枚。

みなさん思い思いのバイクを手にして既に御満悦の様子。

 

今回初めてマウンテンバイクに乗る!という方も多くいたので、まずは講習からスタート。

15102096_576458595871270_853698650_o

YANS様より授かった知識を活用して進めていきます。

15102105_576458642537932_809893091_o

フォームをチェックし、安全かつ楽しく走っていただけるようレクチャーしていきます。

 

と、ひとしきり講習を終えさっそくトレイルへ!

コースは短めでしたが、次々に変化していくトレイルに、後ろからは楽しそうな?雄叫びや絶叫が聞こえてきました。

若干名、お召し物に泥化粧を施しておいででしたが怪我なく無事にライドを終えることが出来ました。

 

今回の研修では普段はあまり見ることのできないツアーの裏側を見せることができたと思います。

今後、この経験を活かしてスタッフの皆様がより良い自転車屋ライフを送っていいただければ幸いです。

参加していただいた皆様、研修の場として使ってくださったMGMグループ様、ありがとうございました。

 

 

さてお次はツアーレポートです。

題して、『YAMABUSHI TRAIL TOUR×MGMグループツアー”トレイルデビュー”』でございます。

マウンテンバイク初挑戦の方から、経験はあるけどもっとステップアップしたい!という方向けのツアーでした。

img_7309

当日は総勢12名の方が参加してくれました。

15102261_1123164367804681_112855969_o

朝一は講習も兼ねて、普段とは違う標高200mほどのライトなお山へ。

15134107_1123164391138012_1591575090_o

ここでの講習もYANS様直伝のもの。

ブレーキレバーの位置から始まり面白い実験も入れながら和やかにスタートしました。

img_7299

続いて、練習にうってつけな小さなコブやヘコミが自然生成された芝生の広場でさらに深くレクチャーしていきます。

こうしたリスクの少ない場所を選ぶことで、ライディングへの集中力が高まり、それが上達へとつながります。

 

マウンテンバイクに十分慣れてもらった後はさっそく実践へ。

いよいよ、トレイルデビューです!

15133711_1123164337804684_41491055_o

先ほどの講習の内容を活かしてもらうために、繰り返し意識を促します。

合わせて、トレイルを走るということのリスクやマナーについてもお話しさせていただきました。

img_7303

そして今回の目玉企画!

『ガイドおすすめ!ここはこう走れ!』を行いました。(語呂が悪くてすいません笑)

普段のツアー中でも、ガイドの走るラインが見えるのは良くて後ろの3人まで。

その後ろの方々はほとんどアドリブで走らざるを得ません。

ということで今回は入り口でバイクを降り、実際に歩きながらラインを確認してもらい、

意識するポイントやコツをお教えしながらのライド!というのをやってみました。

これが非常に楽しく、皆様からも大変ご好評いただきました!

僕らも、参加者の方々が走る姿を見ることはほとんどないため新鮮でした。

img_7307

その後は、自分が実際走ってみて気になったり怖いと思った枝や石をどけてもらうプチ整備も行いました。

こうやって、自分たちで、自分たちが楽しく走れるように手を入れることが根付いていったらいいですね。

img_7302

この日も怪我なく無事終了となりました。

参加者の皆様、トレイルデビューおめでとうございます!

これを機により安全に楽しくライドしていただけたら幸いです。

 

僕らも、今回のツアーで多くの経験をさせていただきました。

この経験を活かして。マウンテンバイクの裾野を広げるため精進してまいりますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

 

最後まで読んでただきありがとうございました。

UPDATE : 2016.11.24 matsumoto Category. : ツアー, トレイル整備

出張!UTMFコース整備in富士宮

ご無沙汰しております、HEIMAでございます。

今回は、8月31日から9月2日までの3日間で行ってまいりました出張整備についてです。

タイトルにもある『UTMF』これは一体なんぞや?と思っている方、これはですね、

「ウルトラトレイル・マウントフジ(英名=ULTRA-TRAIL Mt. FUJI)」というトレイルランニングの大会なんです。

ではどんな大会かといいますとですね、

”総距離165㎞にもおよぶ富士山の山麓、登山道、歩道、林道などを走りつなぎます。他に例のないアウトドアイベントを通して、自らに挑戦することの大切さと、トレイルランニングの魅力を紹介します。また、360度どこから見ても美しい富士山の文化と自然環境の素晴らしさを国内外に伝えていくものです。”大会公式HPより)

というコンセプトのもと行われる、それはそれは壮大なレースでございます。

レースが壮大ならコースも壮大、そして当然その整備も壮大。結果から言いますと、足パンパン膝ガクガクな3日間でした。

image

朝から雄大な富士山に出迎えられ整備スタート。

西伊豆からも富士山は望めますが、ここからの富士山は比べものにならないほど巨大でした。

image

作業内容は主に、倒木と枯れ木の処理でした。ほとんど人の手が入っていないのか、危険な倒木が何本もありました。

写真は、枯れて腐ってしまい幹の途中でボッキリ折れた大木。

こういった大小様々な木のうち、コースにかかっているものを中心に処理していきます。

image

このレース、距離もさることながらコースのアップダウンもかなりパンチが効いてます。

稜線の上は平らなトレイルが少なく、常に急な上り下りを強いられます。

image

そんなトレイルを、チェーンソーやチルホールというワイヤーで木を引き倒す機材を背負って歩いていきます。

重い。とにかく重い!笑

image

きついきついもうやだ帰りたいなどとブーブー文句を言いながら歩いていると面白いものが。

タマゴダケと呼ばれるキノコ。毒々しい見た目とは違って煮ても焼いても美味しいらしいです。

このツルっとした愛らしい姿に束の間の癒しをもらい、よし!こっから頑張るぞ!と気持ちを奮い立たせるわけでもなく、メトロン星人に似てる。などと思いながら歩みを進めました。

image

ともあれ3日間で作業は無事終了。車のデポやトレイルの案内でお世話になったスタッフの宮内さん、ありがとうございました。

大会本番は9月23日から25日の3日間。選手の皆さんが怪我なく楽しく、このトレイルを走り切れることを願ってます!

 

以上でございます。読んでいただきありがとうございました!

UPDATE : 2016.09.03 matsumoto Category. : トレイル整備
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー